今日の朝食

 

わが家の朝食です。シンプルで野菜を中心にしたメニューです。

料理教室とはまた違ったメニューです。

これは私が育った、子どもの頃に食べた料理が心に残っていたものを、いまの私が作るとこんな感じになります。

特に自然薯のとろろ芋などは、子供ながらに父から教わった料理です。

ひとつひとつ心を込めていただきたいと思います。

 

2015年5月14日
プレーンリゾット
ナスの塩もみ
モロッコいんげんのから煎り塩味
きゅうりの糠付け
奈良浸け
2015年5月15日
芽ひじきのサラダ
玉ねぎのきんぴら
蓮根の素焼き
キャベツのごま汚し
焼き厚揚げ
シジミの味噌汁

●プレーンリゾット。
2日目のご飯はリゾットにします。
今回は麦ご飯のリゾットです。
ニンニクをつぶしてオリーブオイルでじっくりと弱火でニンニクの香りをオイルに移します。
この作業がリゾットの味を決めます。
今日は多めに4粒使いました。
出しはいつもの昆布だしです。
塩で味をつけます。
マイルドでさわやかで深みある味に仕上がります。

 

ナスの塩もみ。
季節も良く皮の柔らかいナスがお店に並んでいたのでナスを塩もみにしてみました。
ナスは斜め切り、茗荷と生姜を千切りにして塩でもみます。
ナスは少し厚めの7ミリくらいにしててで実が崩れないようにゆっくりもんでいきます。
実から水分が出てきて透明感が出てきたら出来上がりです。
大葉の千切りを散らします。
夏には良く食べます。

 

モロッコいんげんのから煎り塩味。
モロッコいんげんを軽く湯通しし、斜め切りにし、フライパンを熱していんげんをから煎りします。
塩をパラパラふり味付け、出来上がりです。

芽ひじきのサラダ。
芽ひじきはひたひたの水で戻し、戻り方を見ながら水を足し、 戻しきったときにお水が残らないようにします。 戻った芽ひじきはひたひたの昆布だしで煮ます。 ほんの少し沸騰したぐらいで止め、そのまま冷まします。  人参を千切り、りんごを千切りします。 千切りにしたりんごと人参は少量の梅酢であえておきます。  スナップエンドウを塩ゆでします。 ゆで上がったら食べやすい大きさに斜め切りにします。 今日のスナップエンドウは小ぶりなので二等分にいたしました。  以上の材料を梅酢とレモン果汁で味付け。 さっぱりとさわやかでからだの中が引き締まります。

 

●玉ねぎのきんぴら。
以前紹介しましたきんぴらです。 とても甘く美味しいですね。

 

●蓮根の素焼き。
蓮根を半月切りにし油を引かないフライパンで両面を程よく焼きます。味付けはそのままで食べました。
蓮根はでんぷん質が多いので熱を加えるとモチモチ感と歯ごたえがとても美味しいです。

 

●キャベツのごま汚し。
キャベツを塩ゆでし、炒ってすり下ろしたごまと醤油で和えます。
春キャベツの甘味と柔らかさでとても美味しいですね。

 

●焼き厚揚げ。
すり下ろした生姜と醤油でいただきます。

 

●シジミの味噌汁。
宍道湖の冷凍シジミです。

© 2023 by ADAM SCHARF. Proudly created with Wix.com